私の備忘録

日々の生活の中で気づいたこと、役に立ったことの覚書

「元気ですか」ラインを送ってみたら、思った以上にほっこりした気分になれた話

こんにちは。おうち大好きヒグラシです。

今日は友人に「お元気ですか」連絡してみた話です。

 

今の状況

自粛ですね。

でも、おうち大好きの私は、基本的に家にいるので、自粛だからといって暮らし方に大きな変化はありません。

これまでは、なんとなく疲れてたということもありますし、後は家事が苦手なので家事のやりくりに四苦八苦していたのと、たまにの食事会のお誘いなどに主に時間とパワーを使っていることが多かったと思います。

ただ、自粛とは関係なく、専業主婦をしてx年するとある程度リズムがつかめてきて、あとは新型コロナの影響で友人と会うこともなくなり、おうち時間にちょっと余裕が出てきたんですよね。

 

そんな時間も気持ちも余裕が出てきた中で、今年1月くらいから色々と整理整頓するようになりました。

 

モノについてはあまり頑張り過ぎず、でもずーっと気になっていたことを実施することを心がけています。

www.higurashi-note.com

 

そして最近はヒトとの関わりについて何となく気分が変化してきました。

「離れる」という意味の整理整頓はまた別の機会に、と思いますが、あまり連絡とっていない人となんとなく連絡とってみようかな、という気分になりました。大体2月、3月くらいですかね。

 

 

きっかけは友人からのライン

でも、連絡とってみようかな、と思って気軽に連絡とるほどフットワークの軽い人間ではないので、そんな気分のまま1、2か月が過ぎていきました。

普段は会う際の調整ツールとしてラインを使うことが多いので(しかも相手から連絡してくれることが多い)、自分から用事もないのに連絡するのが苦手で、そもそも今のタイミングで連絡して相手が大変な状況だったら嫌な気分にさせてしまうのではないか、とかいろいろ考えてしまって送れませんでした。

 

そんな時、もう数年来お付き合いのある方から、「お元気ですか」ラインが届きました。

いや、もう単純に嬉しかったですね。

その方ももちろん新型コロナの影響で大変な思いをされており、現在の状況や早く落ち着くといいですね、という旨の内容だったのですが、やはり元気でいたこと、連絡をくれたことが何となくうれしくてウキウキしたことを覚えています。

 

こんな感じでいいんじゃないか、と思った出来事でした。

 

確かに相手の状況はわからないし、もしかしたら状況によっては私からの連絡で嫌な気分になる可能性もある。

でも、そもそも連絡したいなって思った人は、嫌な気分になったからと言って、私を攻撃したことあるかと言えば、そんなことはないですし、仮に大変な状況であればそれなりに人を傷つけずに受け流す術を持っている人たち。そうだったら私も空気を読んで、さらっとメッセージを返して終了したらいいだけの話。

落ち着いたらまた連絡くれるでしょうし。

 

そんな風に思えるようになり、自分から連絡してみることにしました。

 

 

連絡してみたら…

よく女子会に行っていた友人に連絡してみました。

 

相手への質問は冒頭の「お元気ですか?」のみ。

後は、自粛前から家にいるのが好きなのであんまり変わらないという自分の近況と、落ち着いたらまた女子会に行きましょう、という当たり障りのない内容です。

 

すると、ラインが返ってきて、そして近況をいろいろ教えてくれました。

そして最後に「連絡くれてありがとう」と。

 

なーんだ、みんな同じじゃん、って思いました。

 

もちろん普段そんなに連絡をとっていないので、相手がどんな状況かはわかりません。もしかしたら相手がラインを返せないような大変な状況や気持ちの場合もあると思います。

でも、もしもの場合のことばかり考えてうじうじしているよりは、一歩踏み出して連絡してみてよかったな、と。

 

 

今後も気が向いたら送ってみる

あと数名、連絡してみようかな、と思っている方がいます。

 

連絡自体は、実際してみたらなーんだという感じで楽しくできそうですが、送るまでが勇気と頭を使うので、あくまで無理せず、自分の気持ちに余裕があるときに行うことが大事だと思います。

 

最後に、、、相手を大切に思って、その気持ちが相手にも伝わると嬉しいものですね。

自分から動くって少し苦手意識がありますし、勇気がいる部分ですが、連絡することで自分も相手も嬉しい気持ちになるのであれば、この自粛中のおうち活動としてたまには頑張ってみようかな、と思います。

 

みなさんもよいおうち時間が過ごせますように。

 

お題「#おうち時間