私の備忘録

日々の生活の中で気づいたこと、役に立ったことの覚書

Viewカード解約の手続きをしました

こんにちは。ヒグラシです。

今日はViewカード解約に関するお話です。

解約の理由は単純でメインカードをエポスカードにしてから出番が全くなくなってしまったにもかかわらず、年会費がかかるためです。解約の手順に加え、これまでのViewカードとの思いでを振り返ってみたいと思います。

 

 

 

解約のきっかけ

冒頭にも記載しましたが、要約すると「年会費のかかるサブカードになってしまった」という部分が一番の理由です。

 

作ったきっかけ

もともとViewカードは社会人になって2,3年経った頃に作ったカードでした。

 

1枚目は一人暮らし用の家電を買いに行った先の電気屋さんでお得なキャンペーンか何かで何となく作ってしまっていました。年会費は1,000円くらい、ポイントは系列店含むそのお店関連でのクレジット払い時のみたまるカードだったと思います。

 

もともと家電、電子機器が好きなのでそのカードを作ってから1年くらいはよかったのですが、結局、しばらくたつとそんなに買うものもなくなるし、ポイントがたまっても使えるお店も限られていて、そのカードの自分にとっての便利さについて疑問を持つようになりました。

また、会社の同僚との雑談でクレジットカードに関する情報をいろいろと聞いていくうちに、もっといいカードがあるのかも、と思うようになっていきました。

 

その後、いろいろ調べて、年会費も1枚目のカードより安いし、ポイント付加に関し、お店の縛りもないことからViewカードを作りました。

 

Viewカードを作ってから

エポスカードに切り替えるまでは、フル活用でした。「ありがとう!Viewカード」という感じです。

 

通勤用定期、帰省時の切符代、普段の買い物など、Viewカード1枚で支払を済ませていました。

そうすると、結構たまるんですよね、ポイントが。

たまったポイントはモバイルSuicaにチャージして、利用していました。コンビニ、自販機、お店でのちょっとした買い物など、いろいろと使えるんですよね。

 

実は夫からエポスゴールドカードの招待を受けたときも、Viewカードを併用していこうと思っていたくらいです。

 

エポスゴールドカードを作ってから

専業主婦になってしばらく経ったころから、エポスゴールドカードを使うようになりました。

 

Viewカードにすごく愛着もあって離れがたかったのですが、そのころ、いろいろとお金の使い方を整理していこうと思っていたこともあって、数字で両者を比較したところ、今の暮らし方だと、エポスゴールドカードの方がメリットが大きいことがわかりました。

還元率に関しては今よく買い物するお店ベースで考えるとViewカードと同等もしくは高い場合が多くなります。例えば、エポスゴールドカードの選べるポイントアップショップを活用すると、マルエツでの買い物の場合、エポスゴールドカードだと1.5%、Viewカードだと0.5%、またモバイルSuicaへのチャージの場合はどちらとも1.5%、という感じです。

また、年会費に関しては、夫から招待してもらって作ったカードのため年会費が無料です。

 

こういった状況を理解しつつも、決断しきれずにいたのですが、また年会費を払う時期になってきて、もう半年近く使用していないカードに約500円の年会費を払うことの意味を考えたときに、あまり意味はないなと思えるようになったので、今回解約をすることに決めました。

 

 

 

解約の手順(「ビュー・スイカ」カードの場合)

解約手続きの前にSuicaの残金を払い戻す

私は、Suicaに残金がありました。

1、2週間ほど前に券売機で確認したところ約800円残っていて、せっせと成城石井でスコーンを買ったり、電車代として使ったりしたのですが、79円残ってしまいました。

 

切符としても残金不足になるので、コンビニなどで安いものを買って残りは現金で払おうかと思っていたところ、どうやら「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)で払い戻しができることを発見しました。

 

と、いうことで最寄りの「VIEW ALTTE」へ行き、無事、払い戻ししてきました。

実は、VIEW ALTTEを使用するのが今回初めてでしたが、以下リンク先の案内通りの手順でスムーズに払い戻しできました。(よかったです。ホッ。)

www.jreast.co.jp

 

解約手続きの前にJRE POINTを移換する

私はモバイルSuicaを使っていたこともあり既にポイントの連携は済んでいたので、特に意識する必要はなかったのですが、Viewカード一枚のみでポイントをためていた方は、使い切るか、移換できるようにJRE POINTを作成してポイントの移管先を作ってあげないと、ポイントは失効してしまいます。

 

以下は退会届のPDFに記載されている内容の抜粋です。WEB上のQ&Aにも同様の内容はありますが、表現としては以下の方がわかりやすいと思います。

■JRE POINT
退会されるカードのみでJRE POINTをお貯めいただいていた場合、カードを退会されるとJRE POINTは失効となります。引き続きJRE POINTをご利用の場合は、退会前に「カードの提示でポイントが貯まる JRE POINT 加盟店」で JRE POINT カードを作成し、JRE POINT WEB サイトで 2 枚のカードのおまとめ手続きをしたうえで、退会届をご返送ください。ポイントを使い切る場合は商品交換等でポイントを使い切った後に、退会届をご返送ください。

http://viewcard.okbiz.okwave.jp/usr/file/attachment/taikai_2.pdf?attachment_log=1&object_id=43&object_type=faq

 

ご参考としてWEBのQ&Aはこちらです。

viewcard.okbiz.okwave.jp

 

資料請求

「ビュー・スイカ」カードの場合は、「カード退会届」をカードと一緒に郵送することで完了とのことです。カードによって方法が違うようですので、以下ページよりご確認ください。

viewcard.okbiz.okwave.jp

 

尚、退会届ですが、上記サイトに記載されている電話番号に電話して郵送で送ってもらうこともできますし、上記サイトに退会届のリンクがあるので、そちらを開いて、退会届のページを自分で印刷して使ってもよいそうです。

(心配性なので、念のため)電話して聞いてみましたが、どちらでも変わらないとのことでした。

 

ちなみに私は、リンクからダウンロードして自分で印刷する方にしました。あとは、資料の内容に沿って記載し、郵送するだけです。

少し寂しい気もしますが、浮いた年会費でケーキでも買って気を紛らわせようと思います(笑)

 

 

 

以上、いかがでしたでしょうか。

長年愛用してきたものってどうしても愛着がわいてしまうのですが、使おうが使わまいが年会費はかかります。たかが500円、されど500円、今の私に必要なお金の使い方を見極めて、生活していきたいと思います。

と、ちょっと真面目モードになってしまいました(笑) いざという時のために年会費無料のサブカードは持っておきたいな、と思うので、これからぼちぼち探していきたいと思います!

 

週の半ばですね。そして3月もあと10日ほど。。。何かとバタバタする季節ですが、一息つくことも忘れずに。

 

それでは。